国の感染症対策を参考に安全にお客様をお迎えします

1.人と人との距離の確保対策を行っている。(できるだけ1メートルを目安に)  ・入場(入店)時や、集合・待機場所等において、人と人との十分な間隔を確保する。  ・状況に応じて、入場者等の制限や誘導を行い、施設内での人と人との十分な間隔を適切にとるなど、「3つの密」   を作らないような対策を行う。(混雑時など)  ・(座席がある場合)十分な座席の間隔を確保する。

 

2.従業員及び入場者等の保健衛生対策の徹底している。  ・従業員について、出勤前に検温し、発熱等症状がある場合は自宅待機とするなど体調管理を行う。  ・従業員のマスク着用、手洗い等を徹底する。  ・入場者等に対して、発熱等症状のある者の入場制限、手指消毒やマスク着用などの周知を行う。  ・手指の消毒設備を設置する。  ・ユニフォームや衣服はこまめに洗濯する。  ・ゴミを回収・廃棄する際は、マスクや手袋を着用するなど、衛生管理を徹底する。

 

3.施設等の衛生管理・換気を徹底している。  ・ドアノブ、客席、テーブル、利用設備・機材等を定期的に消毒する。  ・店舗入り口、各部屋のドア等、2方向以上の窓又は扉を開けるなど、適切に換気する。  ・トイレはこまめに清掃する。  ・キャッシュレス決済を導入、又は支払い時にコイントレイを使用する。

 

4.業種別のガイドラインを実践している。 ※ 業種別のガイドラインが策定されていない場合は、類似業種のガイドラインを参考に対策を徹底している。